Windows版LINEの利用方法(BlueSurfaceV3.2.0以降)

Windows版LINEにてプロキシー設定を行うと、BlueSurfaceの中継サーバーを経由して接続が可能となります。
以下はその設定方法です。

1. Windows版LINEをダウンロードページよりインストールしてください。

win_line_00

2. LINEを起動し、設定(歯車アイコン)ボタンより設定をクリックしてください。

win_line_01

3. 設定画面が表示されますので、左側の詳細設定を選択し、プロキシサーバーを有効にするをチェックし、下記のようにプロキシ設定SOCKS5ホスト127.0.0.1ポート3333と入力し、適用するをクリックしてください。

win_line_02

上記設定を行った後は、LINEアプリからのアクセスがBlueSurfaceのサーバーを経由することになります。ただし、BlueSurfaceが起動している必要がありますのでご注意ください。
(BlueSurfaceがバックグラウンドで起動している状態であれば問題ありません。)
設定を元に戻すには、上記手順3でプロキシを使用しないのチェック入れてください。