設定方法(iPhone/iPad)

iPhone/iPadではShadowsocksと呼ばれる接続方式を提供しています。ご利用には専用のiOSアプリをAppStoreからインストールし、BlueSurfaceのログインIDとパスワードに関連付いたQRコードをアプリに読み込ませる必要があります。以下はその手順となります。

設定手順

1. iPhone/iPadのブラウザより下記のURLにアクセスしてください。

https://bsm.bolab.net/ss

2. ログイン用のページが表示されますので、BlueSurfaceのログインID(”b”と数字7桁の文字列)とパスワードを入力しLoginを押してください。

ss_login

3. いくつか接続先が表示されますが、任意の接続先のQRコードを表示させてください。

ss_qr

4. iPhone/iPadのホームボタンと電源ボタンを同時に押して、QRコードが表示されている画面をスクリーンキャプチャーとして保存してください。(このQRコードにはサーバー接続用の設定情報が組み込まれています。のちほど保存したスクリーンキャプチャーの写真を、Shadowsocks用のアプリで読み込みます。)

5. iPhone/iPadのApp Storeより”Potatso Lite”をインストールしてください。

App StoreにPotatso Liteが表示されない場合は、Appleアカウントにご登録の住所が中国に設定されている可能性があります。その場合は、住所を日本など別の国に設定いただくと表示されるようになります。住所の変更はこちらを参考に御覧ください。また、住所変更が難しい場合は、別のアプリを利用する方法もありますので、こちらをご覧ください。

6. インストール後、ホーム画面にPotatso Liteのアプリが追加されていることを確認してください。

po01

7. Potatso Liteを起動し、立即使用(今すぐ利用)を押してください。

po02

8. 「接続先を追加しますか」と表示されますので、现在添加(今すぐ追加)を押してください。

po03

9. 二维码(QRコード)を押してください。

po04

なお、初回のみ下記のようにアプリがカメラへのアクセスを許可するかどうかのダイアログが表示される場合がありますので、その場合は、OKを押してください。

po05

10. カメラが起動しますが、右上の写真のアイコンを押し、手順4で取得したスクリーンショットの画像を選択してQRコードを読み込んでください。

po06

11. QRコードの読み取りが完了すると、サーバーが表示されることを確認して开始(接続の開始)を押してください。

po07

なお、初回のみこのアプリを経由してVPN接続を許可するかどうかのダイアログが表示されますので、Allowを押してください。

po08

12. 接続が成功すると、画面の上部にVPNと表示されますので、この状態で海外サイトへのアクセスが可能となります。

po10

接続先の追加

1. 別の接続先を新たに追加するには、接続先を押してください。

po11

2. 接続先一覧の画面が表示されますので、+ボタンを押してください。

po12

以降は、手順9以降の要領で接続先を追加できます。

接続先の削除

1. 接続先を押してください

po11

2. 登録されている接続先の一覧が表示されますので、削除したい接続先の箇所を左側にスライドしてください。削除のボタン(删除)が表示されますので、ボタンを押すと接続先が削除されます。

potatso_delete_02

よくある質問と回答

Q. VPNマークが表示されてもFacebookやGoogleにアクセスできません

VPNのマークが表示されても、FacebookやGoogleにアクセスができない場合は、Potatsoの知能路由を無効にすると接続ができる場合があります。知能路由が有効であれば、これを無効にし接続を試して下さい。

potatso_smart_route

また、それでも接続ができない場合は、選択したShadowsocksのサーバーがご利用のインターネット環境にてブロックされている可能性があります。別の接続先QRコードを読み込んで接続をお試しください。

Q. 接続ボタンを押したあとVPNマークが表示されても、すぐにVPNの表示が消えてしまいます

iPhone/iPad上でVPN自体の接続機能が正常に動作していない可能性があります(iOSを更新いただいた直後にこのような症状が発生することがあるようです)ので、一度iPhone/iPadを再起動して再度接続を試してください。

Q. Shadowsocks以外の接続方法はありますか

Shadowsocks以外にL2TPとOpenVPNでの接続方法があります。詳しくは下記をご覧ください。(L2TPとOpenVPNでの接続は規制の影響で繋がりにくくなっていますので、Shadowsocksでの接続を現在推奨しています。)